10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

病気の巣窟 

まじでショック。。。
悲しいというかなさけない。。。


うちの30センチ水槽にはゴールデンハニーグラミーの「レモン」とピンクのグラミーの「チェリー」
クラウンローチの「ジェシカ」 コリドラス縞の「キセキ」 黒の「キズナ」 
そして主のアミメウナギ「倉之助」




この平和に魔の手が・・・・


海洋祭中ジェシカ(クラウンローチ)に白点が尾ヒレや体にあるのをみつけました。
体を流木にこすりつけるジェシカ。。。。


あきらかに白点病の彼女(性別は不明)


えとーさんに隔離して塩を一つまみいれたらいいよって言われたので
海人の水槽を借りることに




海人は瓶に、中にいたオトシンクルスを30センチ水槽に移動させて塩を入れる



その2日後ジェシカジェシカは皮膚がぼろぼろになって☆に・・・・
ウィローモスの裏側でひっくり返ってた。。。



倉之助も元気なくて赤虫いれてもくいつきが悪い。。。


心配しながらも学校へ。。。。

打ち上げが終わり昨日の早朝かえってくると

倉之助が腹を上に皮膚がただれて浮いていました
☆です・・・・・。


よくみると昨日まで元気で海人の水槽を綺麗にしていたオトシンちゃんもひっくり返っているのです。


病原菌の巣窟となったこの水槽
残るはゴールデンハニーグラミーのレモンとピンクのグラミーのチェリーと
コリちゃん2匹 キセキとキズナ


しかし、チェリーは明らかに感染してる模様。。。
皮膚がただれているのです

えとーさんの指示にしたがい
ばけつに水をつくって塩入れてビニール袋に彼らと水槽の水をいれて少しずつ
バケツの水を足して中の水捨てて5回繰り返してバケツにうつし
水槽の水全部捨てて砂利もあらって
流木も熱湯消毒してまた再生させました。


チェリーは1っぴきで隔離していました。

そのだんかいで、バイトの時間になり行き帰宅するとチェリーは☆。。。。

天に召されていました。




水槽に残った3匹を戻すと奇跡の様子が少しおかしく
少し皮膚がただれていて

体が浮いてしまうのをひっしで下に泳いだり体が浮かないように流木の隙間にいたり
まるでBCにエアを入れすぎたダイバーのようです・・・。

レモンとキズナは元気そうなので様子見・・・

今朝、キセキは浮いてました。。。☆(@_@)


それを取り除く際皮膚が大量にまきちらかさりレモンが微妙についばんでたから
めっちゃ焦って救って餌入れてやった。
とりあえず2匹は元気で生きてるけども


凄い心配です。様子見して大丈夫になったらまたアミメウナギ買いに行きます
今は怖くて怖くて。。。。

海人の水槽のオトシンいなくなっちゃった。。。


渚の尾びれに白い塊あって凄い怖いですが餌も食べてるし
泳ぎまくってるし今は元気そうです。


アミメウナギとゴールデンハニーグラミーとコリとオトシンクルスを水槽が
大丈夫になったら買いに行きます

クラウンローチは少し怖い。。。。。。。。。


以上悲しい出来事でした。
スポンサーサイト

テーマ: 熱帯魚

ジャンル: ペット

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。